top of page

善玉菌消臭剤が免疫力にプラスに働く3つの理由とは?1日2回噴霧するだけで健康的な室内環境に!

更新日:2023年10月31日



新型コロナウィルスやインフルエンザが流行を繰り返す一方、以前より消毒による衛生管理の状態が緩やかになったと感じる方も多いのではないでしょうか?

その背景には、数年間にも及んだ大量の薬品使用による消毒で、ヒトや環境への影響が懸念されるようになったということがあります。実際、コロナ禍において消毒薬による手荒れは社会問題としてメディアでも多く取り上げられました。 このような状況の中、サステナブルなコロナ対策として注目を集めるようになったのが『免疫力のアップ』です。免疫力のアップというと、真っ先に浮かぶのが、腸内環境、運動、睡眠といった生活習慣に関わるものではないでしょうか?

ですが、「健康的な生活で免疫力をアップしよう!」とその必要性を感じてはいても「忙しくて無理・・・」「面倒だな・・・」と手軽にできる改善策がなく悩んでいる方も多いのではないでしょうか? そこで、今回のコラムでは、室内に1日2回噴霧するだけで、免疫力にプラスに働く快適な住環境を作ることができる善玉菌消臭剤をご紹介します!



そもそも免疫力とは?

 

免疫力とは、ウイルスや病原体やカビなどの細菌、アレルゲンなどの様々な異物から身体を守り、病気の発症や重症化を防いでくれる防御機能のことです。

生活環境において、目には見えないそれらの異物は数多く潜んでいます。そしてヒトは、呼吸や飲食を通して常に異物が侵入するリスクにさらされています。ですが、それらの影響を受けずに健康的な生活を送ることができるのは免疫力のおかげなのです。 当然のことながら、免疫力はそれらの異物が多い環境で消耗されてしまいます。逆に異物の少ない環境では免疫力は温存されます。更には、人の健康に良い微生物が多い山や川など自然豊かな場所において、免疫力は高まります。

善玉菌消臭剤で室内環境を改善!

 

都市で生活しているヒトは、1日の約8割の時間を室内で過ごしているというデータがあります。驚くべきことに、これはコロナ禍以前の数値です。だとすると、室内の環境が山や川のようにヒトの体に良い微生物が多い状態であると、免疫力が高まるということが考えられます。ですが、そのような状態をつく来ることは、「中庭がある家でもない限り難しいでしょ!」と思わるのではないでしょうか? 実は、室内を身体に良い微生物で一杯にする簡単な方法が開発されました。それは、善玉菌を高濃度に含んだ消臭剤『グランバイオエア』を1日朝・晩2回スプレーするという方法です。なぜ1日2回噴霧するのかというと、室内環境は常に人の出入りなどにより、異物が侵入してくるため、善玉菌を定期的に補充してあげることで、常にヒトの健康に良い空間が保たれるからです。 更に、グランバイオエアに使われているバチルス菌は、自然豊かな山に存在する天然の善玉菌です。日本人に馴染みの深い納豆菌の仲間でもありますが、ほぼ無臭です。むしろ、バチルス菌は、家庭の嫌な臭いの原因となる、汗・尿・糞などの有機物を消費して増殖するので、臭いを元から除去してくれます。

善玉菌消臭剤が免疫力にプラスに働く3つの理由

 

それでは、なぜ善玉菌消臭剤『グランバイオエア』がヒトの免疫力にプラスに働くのでしょうか?それは、対象空間において、以下のようにヒトに有害な異物を抑制してくれるため、免疫力が温存されるからなのです。


1.空間にいる雑菌を抑制する  『グランバイオエア』には、なんと1億2千万個/ccもの善玉菌が高濃度で含まれています。善玉菌が対象空間を数のチカラで病原菌や雑菌を圧倒し、ヒトに害のある菌の繁殖を抑制することができます。


2.アレルゲンを抑制する

 ダニアレルゲンは、季節によって多い、少ないはあっても室内環境において常に存在しています。ダニアレルゲンに対して、症状がない、もしくは重い軽いは、ヒトによって違いはあっても、疫免力はそのような異物に対して常に消耗されています。 では、善玉菌消臭剤は、どのようにしてダニアレルゲンを軽減することができるのでしょうか?そもそもダニアレルゲンは何かと言うと、ダニの糞に含まれる成分です。なんと『グランバイオエア』に含まれるバチルス菌は、ダニの糞もエサとして消費します。しかもバチルス菌は、ダニのエサとなるヒトのフケや汗なども消費します。善玉菌消臭剤は、この2つの効果でダニの繁殖を抑制します。



3.空間にいるウィルスを不活化する

 ご存知の方も多いかと思いますが、ウィルスは物質であり微生物ではないので、生きている、死んでいるといった概念はありません。よってウィルスの働きを止めるには、その構造を破壊する必要があります。バチルス菌は代謝をする際、天然の界面活性剤(ペプチドグリカン/サーファクチン)を生成しますが、その成分により、ウィルスの構造が崩れ不活化されます。 ウィルスが抑制された衛生的な空間において、免疫力が温存され向上します。


>関連記事はこちら「善玉菌を活用した公共交通機関における衛生管理とは このように、善玉菌を含んだ消臭剤『グランバイオエア』を1日2回空間に噴霧するだけで、山や川など自然豊かな場所にいる善玉菌で覆われた空間を創出することができます。そのような環境で生活することにより、ヒトの免疫力が蓄えられ、健康を維持することができます。『グランバイオエア』にご興味ございましたら、是非お気軽にお問合せください。

Comments


bottom of page