top of page

欧州の最先端バイオテクノロジー研究を一挙公開!プロバイオティク清掃の原理とは

更新日:6月5日



 ヒトの健康にプラスに働く微生物である❝善玉菌❞。近年、日本でも益々注目を集めています。❝善玉菌❞というと、食品をイメージする方が多いかもしれませんが、実は❝善玉菌❞を室内環境に取り入れることで、空間の衛生管理もできるのです。

とは言っても、「❝善玉菌❞は本当に安全なの?」「❝善玉菌❞は病原菌の繁殖を抑えることができるのかな…」「無菌状態の方が健康によい気がするけど。」という疑問を持たれる方も多いかと思います。

 そこで今回のコラムでは、特に厳しい衛生管理のプロトコールを設けている医療機関において、❝善玉菌❞による衛生管理が驚くべきチカラを発揮したという、欧州の最先端バイオテクノロジー研究結果を一挙公開します。 サステナビリティがテーマに掲げられている現代社会において、プロバイオティク清掃(善玉菌洗浄剤)は、今後スタンダードとなると考えられる清掃方法ですので、特に業界に携わっている方のお役に立つかと思います。


バイオテクノロジー研究結果4選

 

 欧州の病院でも、日本と同じように「菌を全て除去する」という考え方が根強くあり、清掃には化学薬品系の洗浄剤が使われていました。そのような衛生管理では、院内感染予防が不十分なだけでなく、化学薬品に対する耐性菌の増加など問題が年々深刻化していました。 サステナブルな衛生管理方法へのニーズが高まる中、注目されるようになったのが「良い菌を増やすことで病原菌を抑制する」という画期的な清掃方法です。  病院でプロバイオティク清掃(善玉菌洗浄剤)を継続した結果、どのような変化が生まれたのか、実際の研究結果を厳選してご紹介します。


1.抗菌剤耐性を最大99.9%低下(ベルリンの病院)

 ベルリンの病院(Charité-Universitäts-medizin)で、プロバイオティックス清掃(善玉菌洗浄剤)により、病院表面のMRSA菌の抗菌剤耐性は最大99.9%低下しました。 更に、従来の化学薬品による清掃効果は30分しか続かないのに対して、プロバイオティクス清掃は、マイクロバイオームを改善するので、衛生状態が持続することが明らかになりました。

【結論】 ・病院環境を改善:プロバイオティックス清掃(善玉菌洗浄剤)は、病院において健康的なマイクロバイオームを実現する効果的かつ持続可能な方法である。


2.耐性菌のリスクが89%減少(ベルギーとイタリアの病院)

 ベルギーとイタリアの3つの病院で、プロバイオティック清掃(善玉菌洗浄剤)が導入され、3週間後には、すべての病院で耐性菌のリスクが89%減少しました。化学系洗浄剤とプロバイオティック清掃(善玉菌洗浄剤)の比較が2年間行われ、病原体のリスクを恒久的かつ長期的に低下させるという点でも、プロバイオティック清掃(善玉菌洗浄剤)の方が優れていました。

【結論】

・高い効果:プロバイオティック清掃(善玉菌洗浄剤)は、病院において病原菌のリスクを恒久的に低減させるのに持続可能かつ効果的な方法である。


3.2年間に及ぶ研究で安全性を確認(イタリアの大学病院)

 イタリアの大学病院でプロバイオティク清掃(善玉菌洗浄剤)を2年間続けた結果、病原菌の抗生物質耐性が大幅に減少したという結果が得られました。しかも、プロバイオティク清掃(善玉菌洗浄剤)に使われている善玉菌はどの患者にも悪影響を及ぼしませんでした。


【結論】

・高い安全性:プロバイオティク清掃(善玉菌洗浄剤)は、体力が落ちている患者のいる場所で使用されても害がない。

・病院環境を改善:プロバイオティクス洗浄(善玉菌洗浄剤)は、病院内の抗生物質耐性を低下させるため、患者にとってもより良い環境を提供する。


4.院内感染が54%減少(イタリアの大学病院)

 プロバイオティク清掃(善玉菌洗浄剤)は、病院で6年間継続され、製品の安全性と有効性を評価するために32,000サンプルが採取されました。その結果、病院におけるプロバイオティク清掃(善玉菌洗浄剤)の長期導入は安全であるだけでなく、院内感染率を54%低下させました。


【結論】

・病院環境を改善:プロバイオティク清掃(善玉菌洗浄剤)は、継続すればするほど院内感染率を軽減できる。


研究に使用されたバイオ洗浄剤❝グランバイオ❞とは

 

 バイオ洗浄剤❝グランバイオ❞シリーズは、欧州の『ヘルスケア・バイオテクノロジー・バレー』として知られるベルギーのChrisal社によって開発されました。

製品に含まれる善玉菌による3つの働きにより、❝グランバイオ❞シリーズを使って清掃をし続けることで、対象空間の衛生管理を行うことができます。


1.分解酵素でヌメリ・汚れ・悪臭の元を液状化して消費


2.手の届かない場所や隙間に入り込み機能する


3.時間の経過と共に増殖し、善玉菌優位のフローラ*を形成


*「フローラ」とは、微生物の生物群を指し、品種ごとに並んで咲くお花畑(flora)に見られる様子からこの名がつけられています。


 プロバイオティク清掃(善玉菌洗浄剤)にご興味がありましたら、是非お気軽にお問合せください。

>関連記事はこちら

Yorumlar


bottom of page