手肌への優しさにこだわった低濃度アルコールタイプ

そして、善玉菌が肌荒れを防ぐ「天然の界面活性剤」

うるおい成分「グリセリン」を生成し、肌を健やかに保ちます。

ユーザーボイス

​ハンドジェル

看護師の仕事柄、アルコール消毒や手洗いは避けられないのですが 感染症対策もあって1日100回以上のアルコール消毒をしています。 そのため手荒れが消毒するたびに酷くなり、ハンドクリームのケアが追いつかず困っていましたが、このハンドジェルを使うと手荒れが少なくなって来るのを実感しました。 今では1日何回も使用しても手荒れが少ないので重宝しています。

埼玉県内クリニック 看護師 木村さん(30代)

※お客様の感想であり、効用ではありません。 ※写真はイメージです。

Q&A

他の手指消毒剤と何が違うの?

Q

A

スプレータイプの高濃度アルコールは揮発性が高く、手に噴霧した瞬間に揮発が進み 手全体に行き渡る前に濃度が下がってしまうので効果が弱まります。

「健やか肌菌ハンドジェル」はジェルタイプなので、低濃度アルコールでも一定の濃度を維持し続け、馴染みながら手全体に行き渡ります。

低濃度アルコールでも効果は出るの?

Q

A

北⾥⼤学⼤村智記念研究所の研究で、濃度50%以上のエタノールに、接触時間1 分間で⼗分な新型コロナウイルス不活性化が可能という研究結果が発表されました。

低濃度アルコールのメリットは?

Q

A

手荒れが少ないので、こまめに消毒ができ感染リスクを軽減します。

何故、手に潤いがでるの?

Q

A

肌の表面に住んでいる美肌菌(表皮ブドウ球菌)の栄養素となる“プレバイオティクス※”を含有しています。プレバイオティクスにより美肌菌が活性化され、保湿成分「グリセリン」と肌を弱酸性に保つ「脂肪酸」を生成します。 その結果、肌がうるおい、さらに弱酸性になることで健やかな肌を保ちます。

 

※天然の食物繊維イヌリン

どのような人にお勧めですか?

Q

A

業務上、頻繁にアルコール消毒が必要な方や(飲食店、医療現場、クリニック、介護現場など)、肌が弱い子どもや高齢者、敏感肌、乾燥肌の方にお勧めです。  

© 2017 by All rights reserved by KAI corp