• White Facebook Icon

© 2017 by All rights reserved by KAI corp

> バイオ洗浄剤を用いた水害復旧だからできること

> 洗浄

表面的な汚れだけではなく、染み込んでいる汚れ、雑菌の死骸、有機物、臭気物質などが染み込んでしまった汚れもプロバイオティクス(善玉菌の力)で解決することができます。二次被害であるカビや菌、感染症への対応が可能になります。

> クリーニング前

> 除菌/殺菌の手法

プロバイオティクス(善玉菌)を配合したグランバイオであれば善玉菌を減らすのではなく、増やすことができるのでエコバランスを最良の状態にすることができます。一般的な洗剤や除菌剤のように、一時的ではなく、継続的にクリーニング効果が得られ、悪玉菌の繁殖を抑制することが可能となります。

> グランバイオと一般的な洗浄剤のエコバランスを評価したグラフ

> 一般的な洗浄剤による洗浄

●:善玉菌

●:悪玉菌

洗浄前

洗浄直後

洗浄後数時間

> グランバイオによる洗浄

●:善玉菌

●:悪玉菌

洗浄前

洗浄直後

洗浄後数時間

> 消臭

プロバイオティクスが清掃後も滞在し続けることで悪臭物質を消費・分解除去することが可能です。

> 新しい衛生管理の手法

完全な除菌、殺菌、感染症対策は難しいため、エコバランス(衛生環境)を整えることで二次被害等を食い止めることが可能です。ヨーロッパの病院では既に導入されており、多くの実績があります。

> プロバイオティクスを使用した場合の院内菌数推移

> EUにおけるグランバイオによる大腸菌遷移変化グラフ